『日本挿絵大賞2016』 2016年6月17日(金)〜23日(木)

koubo_omote2koubo_ura2

本の世界を彩ってきた挿し絵画家達の原画展 ■ JPAL紀伊國屋展 2016
第4週『日本挿絵大賞2016』
2016年6月17日(金)〜23日(木)
10:00~20:00(初日10時開場、最終日は17時までの展示となります。)

JPAL紀伊國屋展2016の第4週は、 「日本挿絵大賞2016」の公募展です。
JPAL紀伊國屋展2016はこちら

日本出版美術家連盟は、発起人メンバーである挿絵画家、岩田専太郎らの日本人の誇りと美意識、技術を引継ぐべく、“日本挿絵大賞”を創設いたしました。岩田専太郎は、戦後復興期の挿絵の黄金期を牽引してきた最後の美人画家といわれた優れた挿絵画家でした。その綿々と受け継ぐ挿絵文化の理解をさらに広めていくこと、そして新たな挿絵画家の発掘を目的に、特に「手描き」と「原画販売」を重視した公募となりました。

全国から数多くのご応募いただき厳正な審査の結果23名の入選、入賞者が決定致しました。紀伊國屋展第4週において入選者の展示及び販売を開催致します。

受賞結果はこちらから


 

〈出展者〉

大 賞

若松篤志「探検」

紀伊國屋書店賞

橋本京子「春の場所」

バニーコルアート(株)/リキテックス賞

田中豊美「テリトリー パトロール」アムールトラ(シベリアトラ)」

入選者(順不同)

池田明子/いわせ えいこ/hanaco/はるのまい/ペドロ 山下/大場 将芳/佐藤 正徳/三善千愛/えんどうたかこ/大島康紀/牛島聖子/安ヶ平正哉/いしまるほずみ/とや まきこ/日南田淳子/大島康紀/長谷川俊介/鵜飼義丈/松本亮平/小原聖史/水野ぷりん/ねなし

日本挿絵大賞 受賞結果概要

日本出版美術家連盟主催の「日本挿絵大賞2016」に、たくさんのご応募頂きありがとうございました。ご応募いただいた作品を対象に審査を実施した結果、「大賞」1名、「紀伊國屋書店賞」1名、
「バニーコルアート(株)/リキテックス賞」1名の受賞者が決定いたしました。
また、評価の高かった作品20点は「入選」となりました。

(審査の総評こちら)

日本挿絵大賞2016 総評

大 賞

若松篤志「探検」

1602032_MG_5424_s1t

  • 作品解説

棄てられた飛行船の港を調べに、これから探検へ!

  • 受賞の言葉

今回、自分の絵を大賞に選んで頂いて本当に嬉しく思っております!
これからの制作の励みになります!

出展した『探検』は自分の頭の中に広がる『飛行船世界』の中の一場面です。
制作意図はこれから始まる冒険を感じさせる様に、
絵を見る人が少年やロボットやクマと一緒になって、
画面奥の放棄された建物に向かって行く想像をして貰う様に描いてみました。
手前から遥か遠く奥の方に広がっていく空間世界の広がりを楽しんで下さい。

  • 作者プロフィール

ある星の情景「飛行船世界」の絵を中心にイロイロな絵をアクリル絵の具、エアブラシ、CGなどを使い描いております。日本イラストレーター協会(JIA)会員。書籍挿絵イラスト、ゲームキャラクターイラスト・背景イラスト、Webイラスト、オラクルカードイルカイラスト、書籍挿絵イラスト、広告イラスト 広告サインイラスト等を手掛ける。二科展 過去5回入選。その他公募展入選、受賞多数。

http://www.tcn.zaq.ne.jp/wakamatsu/

※大賞:1名(最も優れた作品1点に授与)
JPAL紀伊國屋展2016「日本挿絵大賞」公募展(2016年6月17日(金)〜 6月23日(木))スペース:幅5mの授与。

紀伊國屋書店賞

橋本京子「春の場所」

1602034_Kyoko-Hashimoto

  • 作品解説

春になると思いだすのは、つくしを摘んでたべたこと。
レンゲの花かんむり・ツツジの蜜を沢山吸った。
そして切ない君との思い出。
口をつぐんだまま
心の中、奥に閉まって・・・

  • 受賞の言葉

受賞の知らせを受けた時は大変驚きました。
なかなか実感が湧かず、数日経てやっと
第一線で活躍されている先生方に認めて頂けたこと。
これはすごい事なんだと、大きな喜びとなってまいりました。

東京での展示経験がありませんので
原画を見て頂ける機会を頂けたことを
本当に嬉しく思っております。
是非原画をみて、あなたの物語を感じてください。

今回の受賞を自信に
これからも描き続けて行きたいと思います。

  • 作者プロフィール

・2016年 北村薫と有栖川有栖の『名作ミステリーきっかけ大図鑑』(日本図書センター)
・2014年 ヒーロー&ヒロインに会える『文学入門きっかけ大図鑑』(日本図書センター)
・2013年 ヒーロー&ヒロインに会おう!『古典を楽しむきっかけ大図鑑』(日本図書センター)
・2012年 ヒーロー&ヒロインと出会う『名作読書きっかけ大図鑑』(日本図書センター)

0.2mmのシャーペンを用いて女性を主に描いています。去年より【スピリチュアル・フェアリー】と題して妖精の絵シリーズを展開しています。ファンタジー、オラクルカードなどのスピリチュアル関係のお仕事がしたいと思っております。

http://www.romantickle.net/

※ 紀伊國屋書店賞:1名(優れた作品1点に授与)
JPAL紀伊國屋展2016「日本挿絵大賞」公募展 展示スペース:幅2mの授与

 

バニーコルアート(株)/リキテックス賞

田中豊美「テリトリー パトロール」アムールトラ(シベリアトラ)」

1602039_tanakaY

  • 作品解説

ロシアの作家N・A・バイコフの本、「偉大なる王」に出会い、物語の主人公である北国の強大なトラに心を奪われたのは18歳の時。仕事上様々な動物を描いてきたが、子供の頃より野生動物たちの勝れた能力に憧れ、芽生えた変身願望が、年を重ねるにつれ強くトラに向かう。

2000年の冬、ロシア沿海州のトラの棲む森で、真新しい足跡に出会った。私は、その足跡をなぞり踏みしめ、暫しトラになりきって歩いていた。

  • 受賞の言葉

思い掛け無い賞を頂いて感激しています。
42年程前、アメリカの憧れのワイルドライフアーチストが、アクリル絵具で描いていると知り、すぐリキテックスを求めました。しかし使い方が分からずてこずり、絵具に慣れるのにかなりの時間がかかり、思うように絵が描けずに”べそをかく”毎日だった頃を思い出しました。
この度の賞を励みに、今後も動物たちの生命の輝きを描いていく所存です。
ありがとうございました。

  • 作者プロフィール

1939年三重県生まれ。1969年より、図鑑・絵本・生物関係図書に、動物専門のイラストを提供している。1980年頃より、ワイルドライフアートを手がけ、個展・グループ展等で作品を発表している。

※バニーコルアート/リキテックス賞:1名(優れた作品1点に授与)
画材授与+JPAL紀伊國屋展2016「日本挿絵大賞」公募展 出品

入選:20名(順不同)

※JPAL紀伊國屋展2016「日本挿絵大賞」公募展 出品

日本挿絵大賞2016 総評

13082587_971598766287013_7204051719754952444_n 13087293_971598826287007_2809170153051697384_n

挿絵というジャンルのこだわり

(審査員総評まとめ)
挿絵というジャンルは、ただ絵が上手いだけではなく、物語性が大切な要素となる。そのため、物語の解釈や、時代背景、登場する場所や物などの広い知識、そして豊かな想像力や表現力が試される分野でもある。
そういった点では、今回の応募作品は、はっきりと「物語性」を打ち出している作品と、自身の描きたいイマジネーションを描いている作品とに分かれた。
その中で、受賞作品は文章と並んだらどうなるんだろうと思わせる力があった。

また、この公募展は「手描き」にこだわっての公募となったが、改めて、原画の価値を知らしめる機会となった。デジタルにはない奥行きや色の美しさ、完成、表現力、演出。1次審査(デジタル審査)を終えてから、原画による最終審査では、「すべて原画のみの審査で良いのではないか」という意見が出たほど、生の原画が素晴らしかった。現在はデジタルが主流で、印刷やWEBには便利になった分、手描きの原画が存在しないのは寂しい限り。JPAL紀伊國屋展「日本挿絵大賞2016」公募展(※)で、ぜひ原画を見てその美しさを知っていただきたい。


※受賞・入選作品は、下記にて、原画を展示・販売いたします。

JPAL紀伊國屋展2016
〜本の世界を彩ってきた挿絵画家たちの原画展

会期:2016年5月27日(金)〜 6月 23日(木)

  • 第1週    2016年5月27日(金)〜 6月 2日(木)「新聞連載/モノクロームの世界」
  • 第2週    2016年6月 3日(金)〜 6月 9日(木)「挿絵黄金時代の仕事」
  • 第3週    2016年6月10日(金)〜 6月16日(木)「パブリッシュファンタジスタの仕事」
  • 第4週    2016年6月17日(金)〜 6月23日(木)「日本挿絵大賞2016」(※)

会場:紀伊國屋書店 新宿本店 4Fフォーラム 東京都新宿区新宿3-17-7

発表!「NY凱旋帰国展」が決定しました!

日本橋ナンワギャラリーで「NY凱旋帰国展」を開催が決定しました。
ニューヨークで展示された作品が、国内でも展示されることになりました!

この度、「JPAL紀伊國屋展2016 in NewYork」で展示した作品を、日本でも展示(販売)することとなりました。
対象は、「JPAL紀伊國屋展2016 in NewYork」に出品した日本出版美術家連盟会員および一般会員と、「日本挿絵大賞2016」の公募者で「JPAL紀伊國屋展2016 in NewYork」に出品した方となります。(「NY凱旋帰国展」の出品料は無料となります)

「JPAL紀伊國屋展2016 in NewYork」の会期の都合上、ニューヨーク展出品作品は、「JPAL紀伊國屋展2016」で国内展示できなかったのですが、この企画により、日本出版美術家連盟会員や公募展応募者の作品を見ることができます。

「NY凱旋帰国展」
会期:2016年9月19日(月)〜9月25日(日)
会場:日本橋ナンワギャラリー
電話 03-3241-3927 FAX 03-3241-5385
〒103-0022東京都中央区日本橋室町4-2-16 楠和日本橋ビル1F

更新情報

日本挿絵大賞2016

日本出版美術家連盟(Japan Publication Artist League、略称JPAL)では、 “日本挿絵大賞2016” として現在出版業界で、本の装丁画や、雑誌・新聞のイラストなどプロとして仕事をしている挿絵画家・イラストレーターの手描きによる作品を募集いたします。
戦後復興期の挿絵の黄金期を牽引してきた最後の美人画家と言われる岩田専太郎。その日本人の誇りと美意識、技術を引継ぐJPALは、挿絵文化の理解を広めていくこと、新たな挿絵画家の発掘を目的に、特に「手描き」と「原画販売」を重視し、“日本挿絵大賞”を創設いたしました。
ご応募いただいた作品は厳正な審査の上、入選作品を表彰するとともに、JPALが主催する“JPAL紀伊國屋展2016〜第4週公募作品展/日本挿絵大賞”において展示します。さらにJPAL初の海外展示・販売イベントである“JPAL 紀伊國屋展2016 in NEW YORK”に出展することができます。皆さまからのたくさんのご応募をお待ちしております。

エントリー締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

募集要項

chart

応募資格 応募作品の条件 エントリー受付期間 応募点数 応募料 審査委員 審査  発表 表彰式 主催・協賛・協力

◆応募資格

  • 出版分野で、すでに挿絵・イラストの仕事をした実績のある方(印刷物のある方)
  • 広告などの分野で、すでに挿絵・イラストの仕事をした実績のある方で、出版の仕事にチャレンジしたい方
  • 年齢・国籍は問いません
  • 原画の販売が可能である方

◆応募作品の条件

  • デジタル作品は不可
  • 画材・表現は自由です。

※小説等をテーマに、オリジナル新作・描き起こし出品可。
※平面作品に限ります。

    • 仕事として発表された作品での応募可。(ただし、事前にクライアントに対し、展示・販売すること/公募展のDMや印刷物へ掲載されることなど、応募者の責任において許諾確認をお願いします。)

【ご注意】
※反社会的表現、著しい性的描写および、他者の著作権等を侵害するものでないこと。
※著作権侵害などの問題があった場合、JPALでは一切の責任を負いかねます。またそのような問題があった場合は、入賞を取り消すことがあります。

◆エントリー受付期間

2016年2月15日(月)〜3月15日(火)

※2月15日(月)から、左記メニューよりエントリーすることができます。
※3月15日までに作品をアップロードしてのエントリーとなります。

◆応募点数

1人1点まで

◆応募料

10,000円

◆審査委員

紀伊國屋書店 取締役東京地区店売第一部長兼新宿本店長 西根徹
日本出版美術家連盟会長 濱野彰親
日本美術著作権連合理事長 黒部洸瑤(デザイナー)
日本画家 中島千波

◆審 査

審査は2回行います。
◎1次審査
2016年3月17日(木)〜29日(火)※エントリー内容(デジタル画像)での審査

※1次審査通過者には結果を直接通知いたします。
※2次審査用に4月18日(月)必着で原画の搬入をお願いします。
※ニューヨーク展出品希望者は、ニューヨーク展出品用1点を追加して搬入をお願いします(合計2点)。(ニューヨーク展出品条件参照

◎2次審査(入選・入賞審査/ニューヨーク展審査)
 2016年4月19日(火)1次審査通過者の原画による審査。

◆賞

◎入賞:3名

・大賞:1名(最も優れた作品1点に授与)
※JPAL紀伊國屋展2016展示スペース:幅3mの授与

・紀伊國屋書店賞 :1名
※JPAL紀伊國屋展2016展示スペース:幅2mの授与

・バニーコルアート/リキテックス賞 :1名
※画材授与

◎入選:27名
◎ニューヨーク展入選:入賞・入選者から20名

※2次審査通過者の中から20名、応募作品をニューヨーク展へ出品し、展示・販売する権利を授与(ニューヨーク展出品条件参照

◆発 表

  • 入選・入賞者は公式HPにて2016年4月20日(水)に発表します。また入選者の方々には直接通知いたします。
  • 入選・入賞作品は、「JPAL紀伊國屋展2016〜本の世界を彩ってきた挿絵画家たちの原画展」の第4週(2016年6月17日(金)〜6月23日(木))「日本挿絵大賞2016」に於いて応募作品を展示・販売します。 入選者は、展示の際、ポストカード・オリジナルパンフレット、本、その他オリジナルグッズなどを設置・販売することができます。(ニューヨーク展は販売不可)
  • 入選・入賞者の中から、希望者には「JPAL紀伊國屋展2016 in NEW YORK」(ニューヨーク展)(2016年7月12日(火)〜8月10日(水))に於いて、応募作品を展示・販売いたします。(ニューヨーク展出品条件参照

◆表彰式

日時:2016年6月18日(土)13時〜15時
会場:紀伊國屋書店 新宿本店 4Fフォーラム

※17時より、交流会を行います。ぜひご参加ください。

◆主催・協賛・協力

主催:日本出版美術家連盟(JPAL)
協賛:株式会社紀伊國屋書店
協力:バニーコルアート株式会社

応募について

作品規定 ニューヨーク展出品条件 注意事項 応募方法

◆作品規定

    • 原画サイズ : 制限なし。タテ・ヨコ自由。

※入選した場合のニューヨークでの展示には、サイズなどに別途条件があります。下記ニューヨーク展出品条件をご覧ください。

  • 広告などの分野で、すでに挿絵・イラストの仕事をした実績のある方で、出版の仕事にチャレンジしたい方
  • 年齢・国籍は問いません
  • 原画の販売が可能である方

◆ニューヨーク展出品条件

  1. 日本挿絵大賞に入選した方
  2. ニューヨーク展のみの出品はできません。
  3. 原画の展示販売を希望する方
  4. ニューヨーク展では、現地で所定の額に入れるため、左図のサイズとし、マットをつけてください。
  5. 海外展示のため、輸送・展示の際の破損・紛失その他万が一の事故について、ご了承頂ける作品のみとします。
  6. ニューヨーク展への出展は、別途出展費用8万円がかかります。
  7. ニューヨーク展の出展作品は、4月末にニューヨークへ発送する都合上、『JPAL紀伊國屋展2016〜第4週公募作品展/日本挿絵大賞』には展示できません。NYsize

◆注意事項

  • 反社会的表現、著しい性的描写および、第三者の知的財産権を侵害していないものに限ります。
  • 著作権侵害などの問題があった場合、JPALでは一切の責任を負いかねます。またそのような問題があった場合は、入選・入賞を取り消すことがあります。
  • 応募作品の著作権は、創作者に帰属します。
  • 主催者(日本出版美術家連盟)は入賞、入選作品を展示し、ウェブサイト、ダイレクトメール、パンフレットなどに掲載するとともに、公募展、展覧会のPRに使用します。応募者は、展覧会に伴う広告のための複製及び公衆配信を日本出版美術家連盟に許諾するものとします。
  • 応募作品の制作や2次審査搬入の発送経費は、応募者が負担するものとします。
  • エントリーの際の個人情報は、主催者並びに主催者の委託を受けたものが、本事業の実施に必要な範囲でのみ利用し、本人の許諾なしに第三者への提供は一切いたしません。

◆応募方法

1.エントリー
2月15日(月)以降、左記メニューから2016年3月15日(火)までにエントリーしてください。

エントリー内容(あらかじめご用意ください)

  • 名前(ペンネーム・本名)
  • ふりがな(ペンネーム・本名)
  • 住所
  • 電話番号/携帯番号
  • メールアドレス
  • 作品名
  • 作品解説(作品テーマ、小説など題材がある場合はその作品名、すでに発表済みの作品の場合はその概要)(100文字以内)
  • 作者プロフィール(100文字以内)
  • 一次審査用画像のアップロード
    ※スキャニングなどを行い、デジタル化した応募画像をご用意ください。
    ※データ形式:JPEG
    ※カラーモード:RGB
    ※データサイズ:長辺3200ピクセル以下
    ※アップロードされた画像は、入選・入賞した際、パンフレットやWEBサイトなどで使用する場合があります。
    ※原則、WEBサイトからのエントリーは必須ですが、やむを得ない事情で不可能な場合は、お問い合わせフォームよりご相談ください。
    px

2.エントリー受付
エントリー受付確認メールが届きますので、ご確認ください。(エントリーメールは大切な情報が含まれますので、保存もしくは印刷して保存ください。)

3.応募料の振込
エントリー確認メールに記載されている要領で、応募料をお振込みください。

Q&A

応募資格・条件

Q1.出版・広告の実績は、個人店舗のチラシなどの実績でも資格はありますか?

A:プロとして、原稿料をもらった実績がある方は、どなたでも応募できます。

Q2.プロとはなんですか?

A:出版及び広告などの分野で、出版社や広告代理店などから依頼されて仕事をした実績を持つ方。仕事とは、原稿料が支払われ、出版物や印刷物として、本、雑誌、新聞、広告などに掲載される事を指します。

Q3.出版物がない場合、公募できますか?

A:プロであっても、挿絵のジャンルの仕事をした事がない場合、出版されている本を題材に、オリジナルで描いた本の装丁イラストや挿絵での応募が可能です。

Q4.手描きとデジタルを合わせた作品を作っています。資格はありますか?

A:デジタルのみの作品は不可です。制作の過程においてのデジタルは可ですが、最終仕上げは手描きによるオリジナル作品とします。

Q5.原画の販売は必ずしなければいけないのでしょうか?

A:販売は必須です。挿絵大賞入賞者は、JPAL紀伊國屋展(またはJPAL紀伊國屋展inNewYork)に展示されますが、企画展となります。販売することが企画の条件となっておりますので、ご理解のほど宜しくお願いします。

Q6.原画とはなんですか?

A:日本出版美術家連盟において原画とは、人間の手で画材を用いて描かれた、世界に二つとない作品を原画と言います。

Q7.原画の販売価格は、決められるのでしょうか?

A:基本的に個人の希望で販売価格を決めることができます。ニューヨーク展の場合は、希望価格に輸送代が上乗せされ、ドルによる販売価格となります。
※著しく高く販売価格をつけるのはご遠慮ください。

エントリー

Q8.1次審査はサイトからのエントリーのみですか?郵送は受け付けていますか?

A:基本的には、サイトからのエントリーが必須となりますが、ネットワーク環境が悪いなど、諸事情によりサイトからのエントリーができない場合は、メールにてご相談ください。ただし、メールでのやり取りは必須です。

Q9.アップロードする画像は、スキャンしたほうがいいですか?写メでも大丈夫でしょうか?

A:写メでも構いませんが、一次審査は、エントリーの際お送りいただく画像での審査となります。

Q10.原画が大きすぎて、デジタル化ができません。

A:実際に挿絵の仕事として、想定できる程度の大きさでお願いします。(スキャニング、またはデジカメなどで画面に収まるサイズ)

Q11.うまくアップロードできたか心配です。確認方法はありますか?

A:エントリー後に自動返信メールが届きます。時間が経ってもメールが届かない場合は、再度エントリーいただくか、お問い合わせください。

ニューヨーク展について

Q12.ニューヨーク展展示とはなんですか?

A:「JPAL紀伊國屋展2016 in NEW YORK 〜日本の挿絵文化を世界に」として、アメリカ紀伊國屋書店ニューヨーク本店ギャラリーに於いて、日本出版美術家連盟主催による展覧会を開催します。日本挿絵大賞入選・入賞者で希望者の方は、展示販売が可能です。ニューヨーク展出品についてはこちらを、「JPAL紀伊國屋展2016 in NEW YORK」についてはこちらをご覧ください。

Q13.なぜ、ニューヨーク展のみサイズ指定があるのですか?

A:ニューヨーク展示はスペース、搬入の都合で額縁、マットのサイズが限定されます。指定のサイズは、紀伊國屋書店ニューヨーク本店の額縁の規格サイズになります。

Q14.ニューヨーク展展示された場合、ニューヨークへ行けるのでしょうか?

A:展示のみになります。(ニューヨークへの渡航費は含まれません。)

審査

Q15.一次審査通過後、2次審査は原画での審査とありますが、その間に原画の修正などしてもいいでしょうか

A: 不可となります。

展示の際の設置・販売

Q16.展示の際にポストカード・パンフレットなどおいてもいいのでしょうか?

A:原画の他、オリジナルポストカード、オリジナルイラスト集、そのたオリジナルグッズなど、販売可能なものは販売して構いません。ぜひ、積極的に販売してください。(※NY展は原画のみの展示販売となります。)